心を耕し、人間をマネジメントする
SUNGET

サンゲットの2010年新展開のための白地図


 
SUNGET MAP


人の心と身体をプロデュースする。
もう一度、自分の心や身体を造り直したいと感じている人は多いはずです。
「元気」も「病気」も、文字通り「気」の持ち方から発します。
身体を健全に造りなおすためには、「気」すなわち気持ち、心の持ち方をまず改善する必要があります。
例えば、普段意識せずにしている「呼吸」が「元気」と「病気」に深く関わっているのです。
その中心は、呼吸法をベースにして、瞑想や坐禅、あるいはヨガや気功といった、
精神と身体のバランスづくりを探究、実践していく方法です。
さらに、日常の健全なマインドとボディのマネジメント法を習得することで、
常に沈着冷静な思考と、ダイナミックな行動力が、身体の中心から湧き上がってきます。
ボディ・コンシャスでマインド・コンシャスな自己啓発、すなわち
身体を常に意識し、心の制御を自覚していくことから始まります。
サンゲットは、精神と身体の面から多くの人を救ってきたパートナー達と共に、
心と身体を元気にするプロジェクトを展開し、心身を作り直す活動をプロデュースしていきます。

才能のプロモーション。プロフェッショナルの発掘育成。
心と身体のトータル・バランスを考えるとき、
スポーツマンやミュージシャンといったプロフェッショナルたちがひとつのモデルとなります。
スポーツの世界ではつねに、身体管理と共に精神管理が言われます。
ことに世界へ進出するプロスポーツの世界では、元から身体能力で劣ることの多い日本人が列強に伍して戦うために
精神的な力が重要視されています。最後の局面ではハートの強さで勝るものが勝つという世界です。
また、ミュージシャンやアーチストなどクリエイティブな世界でも、
イマジネーションを言葉や楽器に伝えるために、造形していくために、精神と身体の同期が重要です。
プロフェッショナルたちが、独自の方法でセルフ・コントロールしてきた管理能力には多く学ぶところがあります。
また、秀でた才能を持つプロフェッショナルには総合的な知識やトータルな人間性がおのずと備わっています。
サンゲットは、豊かな人間性を持った才能豊かなプロの卵を発掘し、育成していくこと。
同時にそれらを普通に生活する人々の自己形成の活力にしていくためのプログラムの開発。
培ってきたマネジメントノウハウをもとにこれまで以上にプロスポーツマンやアーチストのプロモーションにも力を注ぎ、
新しい形の才能発掘と育成システムを開発していきます。

柔らかくてしなやかな精神と創造力。
人はただ健康に生きるためだけに、生きているわけではありません。
柔軟な思考やしなやかな身のこなしで、人生を美しく楽しく創造していくことが生活というものです。
そのためには社会的な役割としての仕事や家事を全うした上で、自分らしさを磨いていかなければ意味がありません。
趣味や余技による自己形成とともに、社会とのつながりをどのように持つかということも重要です。
サンゲットでは「心の持ち方と体の在り方を耕すために」を謳っています。
耕す、つまり「カルチベート」は、カルチャー(文化)の語源となる言葉です。
心と体を耕すことは、社会に新たな文化を耕し創造することにつながります。
スポーツや音楽や創作には個人の生活を豊かにするとともに、仲間とつながるためのコミュニケーション効果があります。
サンゲットはスポーツや音楽を、才能あるプロフェッショナルのものに留めるのではなく、
このような視点で新たにプロモートしていきます。

里山という自然に抱かれた理想の郷づくり。
サンゲットの大きなビジョンに「里山暮らし」プロジェクトがあります。
田舎にはその土地ごとに育まれた、自然の風土と人々の気質が在ります。
里山は、森や川の自然との際で、地球的な暮らしをしてきた環境です。
自然は多くの恵みを与えてくれると共に、時には人知を超える過酷で凶暴な面を持っています。
人々はお互いが支え合って、自然と立ち向かわなければならない時もありました。
自然の恩恵をたっぷり感受しながら、人と人のつながりを大切にして発展するコミュニティ。古民家に集まる老若男女の創造的な交流。
予め用意されたものではなく、それを自分たちの手で作りあげる。
自分のできる能力を提供し、多才な能力の結集によって、アトリエや工房やスタジオや田畑を造るところから始める。
先人の知恵に「結」や「講」という共同体運営の方法があります。
まさに「おかげさま」「おたがいさま」の精神による互助システムです。
サンゲットの目標とする、こんな拠点づくりを全国で展開したいと考えています。

丁寧に暮らす。
現代の都会の便利で快適な暮らし。溢れるモノとサービスで埋め尽くされた暮らし。
里山暮らしはそれらへの反省をこめた暮らし方の検証の場です。
コンビニエンスな暮らしや、使い捨てのモノとのつきあい方を見直します。
昔の人達は暮らしの道具を大切に磨き込んで、手に馴染むまで手入れをして大事に扱ってきました。
全国各地に根ざす伝統工芸や手作りのモノには、作り手の思いと使う人の思いが重なっていました。
ものづくりの匠の知恵や工夫を、生活の場での知恵と工夫につなげます。
自分の生活サイズに合ったモノの発掘から、自分の生活に合ったデザインへとアレンジを施します。
自分流のテイストや暮らしの形を造形していくことが生活のデザインです。
モノとのつき合いを丁寧にし直すことは、多少面倒でも、暮らしそのものを丁寧に作り直すことになります。
ものづくりの達人や匠には、モノや素材への強い思い入れを持った、人間的な魅力が備わっています。
サンゲットは、伝統的なものづくりと作り手のプロモーション、それを使い手に届ける届け方までをプロデュースします。

お互いに教えあい学びあう学塾。
人にはそれぞれ個別の視点があり、独自の考えがあります。
培ってきた価値観や、行動を駆り立てる動機はそれぞれです。
その意味では誰もがそれなりに、老いも若きも関係なく、人生の達人です。
それらをお互いの生き方の師として学びあう相互学習の学校。
学校では教えてくれなかった、心と身体のマネジメントや、暮らしのための教養を新しい体系にしていきます。
知と知、才と才の出会いから、新しい学びあいの形を模索します。
自分の得意分野や専門領域を越えて学ぶことで知性と才覚を磨きます。
専門知識や技術を持つ人、プロフェッショナルやものづくりの達人の才能には、多く学ぶところがあります。
まずは教えることに長けた様々な領域のプロフェッショナル達から学びます。
サンゲットでは、最初にプロフェッショナルから直接学ぶ方法のプロデュースを手掛けようとしてます。

自立のためのビジネスモデルづくり。
心身を改造し、自分の能力を発揮するコミュニティに参加し、相互に学びあった中から、
知恵の共有によって、社会に働きかける自立的なビジネスの形を模索していきます。
田舎の風土や気候を生かし、根付いてきた伝統的な産業やものづくりを発掘して耕し直します。
伝承されてきた知恵に、新しい知恵を加えて新しい生活文化のためのモノをつくりだします。
あるいは全く新たに、これまで無かったモノや仕組みやサービスを考え出すことで、社会的起業を推進します。
いまの世の中、仕事がなくて困っている人、専門技術が生かせない仕事に就いている人がいっぱいいます。
他方では、世の中のためにと、ボランティアや奉仕活動に汗をかく人もいっぱいいます。
ボランティアは美しくても、個人の負担が大きく、維持や運営が大変です。
きっちりとしたビジネスとしての仕組みで、社会の運営に役立つ方法を起ち上げなくては長続きができません。
サンゲットでは、自分たちのビジョンを実現し、新しい社会づくりの基盤となるために、
さまざまなビジネスチャンスとそのモデルづくりをプロデュースしていきます。

サンゲットの方法。
資金もなく、人材もなく、無謀にもこのような構想だけを、まずぶち上げてしまいました。
幸いかな、サンゲットの周りには多くの才能と、ビジョンを同じくするパートナーがいます。
すでに各界で強固な地盤を築き、独自の地位を確立する人や組織ばかりです。
それでもなお、新しい社会づくりのために、旺盛な好奇心と、行動力と発言力を備えた人たちです。
心強いパートナー達の支援を得て、まずは地道なところからスタートしようと考えています。
近いうちに、サンゲットのさらに詳細で具体的な事業プランと、
共鳴して支援していただける人たちのネットワークをご紹介します。
いましばらくお待ちください。

■ トップページ
このページのトップへ
■ 会社所在地とご連絡先
■ 新たな展開へのメッセージ
■ 新たな取り組みのコンセプト・マップ
■ 事業実績
 ● ラモス瑠偉の個人マネジメント
 ● サッカーJリーグ アシスタントマガジン「J-ランキング」誌の編集発行
 ● ジュニアサッカースクールの企画運営
■ 事業概要

Copyright SUNGET INC. 2009