心を耕し、人間をマネジメントする。
SUNGET
 

株式会社サンゲットの新展開

 
株式会社サンゲットは、これまでスポーツマンやアーチストのプロモーションを中心に展開してきました。
サッカーのJ-リーグ創設に関わり、サッカー選手の個人マネジメントを手掛け、
あるいはアウトドア、ミュージシャンなど、幅広いジャンルで、
創造的な活動を展開する才能の育成と、その社会的活動を手助けしてきました。
スポーツもアウトドアも音楽も、いづれも心的なイマジネーションを、身体を通じて表現するクリエイティブな行為です。
特別に秀でた才能の力を借りて、常に時代の最先端で人間の可能性を表現することがサンゲットの仕事でした。
人間の持つ創造性を全身を使って表現する才能の発露が、
人々の心的な豊かさを牽引し、暮らしの豊かさを彩るものとしてきました。

振返っていま、私たちすべての地球人が、明日から未来への展望において、不安の迷路にさまよっています。
経済も政治も機能不全に陥り、世界の運営システムが停滞や暴走を食い止める制御力を失い、
人々の心に、未来への不安と絶望の影を色濃く落しています。
「夢」や「希望」という言葉が、そのあるべき形を描く力を失ってしまっています。
日本や世界の進歩を信じて、イメージが共有できている内は、
スポーツもミュージックもアートも、人々の未来へ向けたメッセージを発信することができました。

一方、いつのまにかこの社会は繁栄の影で、人々の精神を蝕み、社会には心の痛む事象ばかりが相次ぎ、
老人はもとより、社会の中心を担う世代も、若者も、子供も、誰しもが、
未来を見通すための目の輝きを失い、俯いてうなだれてしまっています。
サンゲットでは、何年か前から、一部の才能に恵まれたタレントを牽引力として創造性を拡げるという方法では、
人々の目に輝きを取り戻すための充分なエネルギーになりえないではないかという論議を続けてきました。
生きる価値を見いだすためのモデルや、夢を仮託する媒介としての、これまでのスターやプロが、
ごく一部を除いて、本物としての輝きを失っているという現実でもあるのかもしれません。


いま世界は、政治も経済も、こぞって
「地球環境」というテーマに向けてエネルギーを集中化しようと躍起になっています。
このことは、未来志向的に見えて、その実、これまでの暮らしによる負の遺産を清算しようという、
マイナスのエネルギー消費ででしかないことを多くの人が知っています。
人類というひとつの地球上の生命単位が、自然の摂理を無視して暴走した果ての「繁栄」を、
ここにきてようやく反省する糸口となったに過ぎません。
人類とすべての生物の生態リズムが、地球環境とその生命システムの変調によって狂い始めている今、
何よりも先ず、人間の価値観の刷新と、生活スタイルの革新と、人間そのものの心身バランスの回復が必要です。
私たちの果てしない論議は、いつしか「新しい時代を生き延びるための心と身体の物語」へと収斂していくこととなりました。


関わる人間達のそれぞれ個人的な体験からくる本能的な身体防御や健康志向、
様々な心因的な疲労と、ある種の超常体験と、心的な目覚めの経験、
人間関係における信頼や、ビジネスにおける信義を通じた人間性の再認識、
さらに、関わる周囲の人々がそれぞれに語る心身の疲労感。
数年前から模索、試行してきた、サンゲットの新たな活動の地平が、それぞれの経験と語りのおかげで、
向かうべき方向の指標として起ち上がってきました。
周囲の意識高い人々との触れ合いの中から、共鳴共感の声が、まるで吸い寄せられるようにして集まってきました。
直感や世間との触れ合いの中で漠然と感じていたものが、ひとつの輪郭を持ち始め、次なる行動へと駆り立てます。


次の時代を健全で満ち足りて過ごすための心と身体の物語を、現実のプログラムへと形造るために、
サンゲットは、2010年から新たなスタートを切ることとしました。
そのために、都心を離れ、横浜の少しばかり自然に近い環境へと拠点をシフトして、
新しい時代のためのプログラムを構築するために、いま少し静かな時間を持つこととしました。


これまでサンゲットに厚い支援をいただいたスポーツ界、芸能界、マスコミ界、広告界の諸兄に、
そしてなによりタレントを育てて見守ってくださったファンの方々に、言葉に尽くせない心よりの感謝を申し上げます。
そして、新しいサンゲットの立ち位置と指針を早く世に示すことが、謝意を形にすることだと決意を新たにしています。
ここに、新たなサンゲットの指標となる、まだ輪郭の定まらないおぼろげな白地図を示すことから、
諸賢のご批判を仰ぎ、お導きとご助言を賜りたく切に願うものです。
 
2010年1月
株式会社サンゲット 代表取締役 木晃
 
 
コンセプト・マップ

■ トップページ
■ 会社所在地とご連絡先
■ 新たな展開へのメッセージ
■ 新たな取り組みのコンセプト・マップ
■ 事業実績
 ● ラモス瑠偉の個人マネジメント
 ● サッカーJリーグ アシスタントマガジン「J-ランキング」誌の編集発行
 ● ジュニアサッカースクールの企画運営
■ 事業概要

Copyright SUNGET INC. 2009